用意するもの

材料

  1. 基板 rev0.1
  2. ケースの材料
    • アクリル板等を積層するなら
      • 1.5mmの板 281.5 x 86.2 mmを1つとれるもの
      • 2.0mmの板 281.5 x 86.2 mmを5つとれるもの
      • 用意した板に適した接着剤
        • 金属とかなら四隅のねじ留めだけでいけるかもしれません
        • アクリルだとたわむので接着したほうがいい
    • 3Dプリント・CNC切削するのなら
      • 281.5 x 86.2 x 11.5mmを1つとれるもの
  3. 4本 M2ネジ
    • 4mmから8mm程度の長さのもの
  4. 52つ SOD123のいい感じのダイオード
  5. 52つ お好みのCherry MX互換スイッチ
    • Zeal Zealios v2でのみ確認 (基板は5ピン用、おそらく3ピンでも組める 未確認)
  6. 52つ Cherry MX用ソケット
  7. Pro Micro
    • コンスルーは使用できません

調理器具

  1. レーザー加工機
  2. (任意) 3Dプリンタ
  3. はんだごて
  4. ドライバー
    • 用意したM2ネジを回すのに適したもの
  5. M2用タップ、ハンドル

つくりかた

基板

  1. ダイオードをはんだづけします が、基板に極性を書き忘れました
    1. 最下列以外手前にダイオードの白い線がくるようにします
    2. 最下列はにダイオードの白い線がくるようにします
  2. Cherry MX用ソケットをはんだづけします
  3. Pro Microにピンヘッダをはんだづけします
    1. USB端子側に足が出る向きです
  4. Pro Microを基板にはんだづけします
    1. Pro Microが基板の上面につくようにします
    2. USB端子が基板とPro Microで挟まれる状態になります

ファーム書き込み

  1. git clone https://github.com/m-hayabusa/qmk-firmware.git
    もしくは適当に手元のQMK環境にこのリポジトリのjisminiブランチを拾ってくるなど
  2. あなたの使っている環境にあわせてQMK環境をセットアップ
    • WSLでやるならutil/wsl_install.shがいい感じにやってくれるはず
  3. qmk compile -kb jismini -km default
    • qmk-firmwarejismini_default.hexが生成されているはず
  4. qmk flash -kb jismini -km default
    • WSLの場合はこの操作ができないので、QMK Toolboxとかでjismini_default.hexを書きこんでください
    • 基板にリセットボタンがないので、Pro Microの手前側、左から2・3番目のピンを針金でショートさせてください
  5. 針金などでつついて、全てのキーが入力できるかチェック

ケース組みたて (積層の場合)

  1. 1.5mmの板を加工機にセットして、0___1.5mm_mount.svgを出力します
  2. 2.0mmの板を加工機にセットして、123_2.0mm_A.svgを3枚切ります
  3. 2.0mmの板を加工機にセットして、4___2.0mm_B.svgを1枚切ります
  4. 2.0mmの板を加工機にセットして、5___2.0mm_C.svgを1枚切ります
  5. 5が一番下になるように板を重ねて、接着します
    • 四隅の穴に適当な棒を通して接着するといい気がします
    • きれいにできる方法を教えてほしい…
  6. 四隅の穴にM2タップでねじを切ります

組みたて

  1. スイッチを0___1.5mm_mount.svgにはめます
  2. 基板にくっつけます
    • スイッチの足を折らないように!
  3. 0___1.5mm_mount.svgをケースにM2ネジで固定します
  4. 入力できることを確認して完成です

つかいかた

  1. USBでコンピュータに繋ぎます
  2. 打ちます